プロポリスで健康になる!

プロポリスのこと、もっと知りたくありませんか?

プロポリス授乳中に摂取しても問題ない?

プロポリスには、抗菌作用や抗炎症作用、殺菌作用や抗菌作用があるとして、健康や美容に役立つ食品として注目されています。

虫歯や歯周病、歯肉炎や口臭などの改善や予防に良いとしてプロポリスを配合した歯磨き粉もありますし、ニキビの改善や予防、アンチエイジング効果があるとして多くの化粧品にもプロポリスが配合されています。

また、育毛や発毛効果がるとして薄毛や抜け毛で悩む方にもプロポリスを配合したシャンプーやトリートメントが人気なんです。

健康や美容に良いたくさんの効果があるプロポリスですが、プロポリスを利用する際に気をつけて使用して欲しい場合もあります。

授乳中の女性は、プロポリスを服用することはあまりオススメできないとされています。
根拠はないのですが、授乳中の女性がプロポリスを服用した場合の、良い例も悪い例も臨床データがないからなのです。

授乳中の女性は、ホルモンバランスが通常のホルモンバランスではない状態ですので、授乳前はプロポリスを服用しても問題のなかった方が授乳中にプロポリスを服用したことによって、何らかの問題が生じてしまう可能性も否定できないとされています。

授乳中にプロポリスを服用するということは、母乳を飲んでいる赤ちゃんにもプロポリスが与えられることになります。
子供でもプロポリスを服用することは悪いとはされていないのですが、何か影響が出てしまう可能性もありますので注意して欲しいのです。

授乳中の方でもプロポリスを服用することは可能ですし悪いとはされていないものの、ハッキリとした臨床データがありませんので良いとも悪いとも言えないのです。
授乳中でもプロポリスを服用したいなという方がいらっしゃれば、お医者さんなどで相談されてから服用されることをオススメいたします。

プロポリスには、抗菌作用があり、風邪やインフルエンザの予防にも効果があるとされています。
授乳中の女性は、風邪を引いても薬を飲むことは控えていることでしょう。

薬が飲めないってツライですよね。
プロポリスは、薬ではなく天然の食品ですから薬の副作用などを気にせずに済みます。
授乳中でも安心して服用できるのであれば利用したいですよね。