プロポリスで健康になる!

プロポリスのこと、もっと知りたくありませんか?

プロポリス妊娠中でも問題ない?

プロポリスを配合している商品の全てに記載されていることなのですが、「妊娠中の女性は服用を控えてください」と記載されているんです。
妊娠中の女性が服用することは危険である、というわけではないのですが、安全性が認められていないということが要因としてあります。

プロポリスは、天然の食品ですから、薬のような副作用などが引き起こってしまうことはありません。
しかし、プロポリスを服用することによって、何らかのアレルギーを引き起こしてしまう可能性があるからなのです。

プロポリスを服用したことによって、蕁麻疹や発疹、下痢や胃腸障害、吐き気やめまいなどの症状を引き起こしてしまった方がいらっしゃるようなのです。

とくに妊娠中の女性であれば、いろいろなことに敏感になってしまいますよね。
妊娠する前は異常なく服用できていたもが、妊娠をしたことによって服用できなくなってしまうことも多くあります。

妊娠中であるということは、自分の身体だけではなく、お腹の中の赤ちゃんにも影響してしまう可能性があります。
妊娠中は、普段異常に気を遣わなくてはならないことがたくさんありますよね。
妊娠中の女性やお腹の中の赤ちゃんにプロポリスを服用することは、何の影響もありませんよ。

という確実な臨床データがない今は、妊娠中の女性がプロポリスを服用することは控えるべきだとされているのです。

プロポリスというのは、ミツバチたちが作り出している天然の成分なのですが、採取された場所によってプロポリスが含む成分が違っています。
ミツバチが花の花粉や樹脂を採取し、プロポリスを作り出していますので、どのような花粉や樹脂で作られているのかによっ成分が違うのです。

プロポリスは、薬と違い、薬のような副作用の心配がありません。
プロポリスの抗菌作用は、風邪やインフルエンザの予防にも効果がるとされています。
風邪薬などを服用することのできない妊娠中だからこそ、薬のような副作用のないプロポリスを利用したいですよね。

もし、妊娠中にプロポリスを服用するのであれば、産婦人科やかかりつけの病院などで相談の上、服用するようにしましょう。